1. GARAGEGATEトップ
  2. PERFORMANCE
  3. 標高4300mのヒルクライムレースパイクスピークのオンボード映像をどうぞ!!

PERFORMANCE

標高4300mのヒルクライムレース パイクスピークのオンボード映像をどうぞ!!

毎年6月にアメリカで開催されている伝統の競技がパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムだ。その決勝の模様を記録したオンボード映像を紹介しよう。

ワインディング最速王決定戦

さて、ライターのひとりとして当サイトの記事を担当している私伊丹ですが、時々はレーシングライダーとしても活動中。ここ数年はパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに参戦していますので、その決勝の模様を収めたオンボードカメラの映像をお届けしましょう!

↓下のリンクをクリック!

いかがだったでしょう?

今回、参戦マシンとして選んだのはハスクバーナの701スーパーモト。501cc以上750cc以下のマシンが認められるミドルウェイトクラスにエントリーして優勝を狙ったものの、クラス5位、2輪部門総合19位でゴール。やや物足りない結果ではありましたが、まぁこれもレースですね。

 

ところで、そもそもこれはどんな競技なのか?

まず舞台になっているのはアメリカのコロラド州にある山、その名もパイクスピークで、コース全長20km、コーナー数156ヶ所の登山道を封鎖。あとはアメリカっぽいというか、シンプルというか、「山頂のゴールまで一番速く駆け上がれるのは誰だ!?」をタイムアタックで決めるという分かりやすさです。

特徴的なのがその標高で、ゴール地点のそれは4300mオーバー。富士山よりさらに500m以上も高いところにあるため、別名「Race to the Clouds(雲に向かうレース)」とも呼ばれる雄大さがなにより魅力のレースと言えるでしょう。

 

ちなみにコースがコースなだけに、はみ出したり、転んだりすればややリスキーなのは正直否めないところ(下記動画参照)。とはいえすでに初開催から100年が経過し、世界屈指の歴史を誇るモータースポーツとして高い人気を誇っているのも事実のため、これからも安全性とのバランスを図りながら続いていってほしいと願っています。

2016 パイクスピーク2輪部門決勝リザルト

総合順位 ライダー    クラス順位   クラス        年式/車名                    タイム

1     Bruno Langlois    1         ヘビーウェイト  2015 KAWASAKI Z1000           10:13.106

2     Don Canet       1     電動バイク     2016 VICTOTRY Prototype       10:17.813

3     Jeremy Toye      1     パワースポーツ    2016 VICTORY Project 156      10:19.777

4     Rennie Scaysbrook   2     ヘビーウェイト   2015 KTM SuperDuke1290R       10:28.407

5     Shane Scott         3     ヘビーウェイト    2015 KTM SuperDuke1290R       10:35.953

6     Kris Lillegard      1     ミドルウェイト    2014 MV AGUSTA Brutale675     10:46.406

7     Davey Durelle       1     ライトウェイト    2009 APRILIA SXV              10:55.288

8     Tomasz Gombos       2     ミドルウェイト    2015 YAMAHA FZ-07             10:58.630

9     Joseph Toner        3     ミドルウェイト    2013 TRIUMPH Street Triple    11:01.324

10     Cyril Combes        1     クアッド          2011 SUZUKI KTM JF prototype  11:05.664

11      Codie Vahsholtz     4     ミドルウェイト    2016 HUSQUVARNA 701Supermoto  11:07.154

12      岸本ヨシヒロ        2     電動バイク        2016 KOMMIT EVT Zero FXS      11:10.480

13      Greg Chicoine       2     ライトウェイト    2015 KAWASAKI Kx490 SPPR      11:13.547

14      Robert Barber       3     電動バイク       2008 BUCKEYE Current Rw-3x    11:16.280

15      Mark Miller         4     電動バイク        2016 ZERO MOTORCYCLE Fxs      11:20.448

16      Paul Baleta         4     ヘビーウェイト    2011 DUCATI Multistrada1200S  11:21.191

17      Chris Wagner        2     クアッド          2014 KTM Wagner special       11:22.309

18      Kevin Heil          5     ヘビーウェイト    2016 APRILIA Tuono            11:23.949

19      伊丹孝裕            5     ミドルウェイト    2016 HUSQVARNA 701Supermoto   11:25.566

  • Facebook
  • Hatena Bookmark
  • LINE

ページの先頭へ

関連記事