1. GARAGEGATEトップ
  2. PERFORMANCE
  3. BMWから創業100周年を記念した限定モデルが続々と登場!!

PERFORMANCE

BMWから創業100周年を記念した 限定モデルが続々と登場!!

BMWの創業100周年を記念した限定モデルが発売されることになった。気になる人は今すぐ正規ディーラーでチェックしてみよう!

03

そもそもBMWってどんなメーカー?

BMWの前身になったRFWという会社がドイツのバイエルン州で設立されたのが1913年のこと。当初は航空機用のエンジンを専門に手掛けていて、軽さとパワフルさを武器に第一次世界大戦中の戦果に貢献。また9620mという世界高度記録も樹立するなど、高い性能と信頼性で一躍その名が知られるようになったのです。

その後、1917年にBMWへと社名が変更されて現在に至っているわけですが、それぞれのアルファベットは「バイエリッヒ・モトーレン・ヴェルケ(=バイエルン・エンジン製造工場)」の頭文字の由来。当時から使われている青と白の円形のエンブレムは青い空と白い雲、そして飛行機のプロペラをモチーフにしたもので、このことからもメーカーの成り立ちや歴史を伺い知ることができますね。

さて、大戦後の紆余曲折を経て2輪車の生産に乗り出したのが1923年からのことで、量産第1号となるR32と名づけられた排気量500ccのモデルがいきなりヒット。実はBMWの代名詞にもなっている水平対向2気筒エンジンやシャフトドライブという基本設計がこの時からすでに盛り込まれ、現在も変わらず多くのモデルに引き継がれているのですからちょっと驚かされますね。

02

5モデル計950台の特別仕様車を用意

そんなわけでBMWを名乗るようになってからもうすぐ100年。当然そのアニバーサリーイヤーを祝うモデルが今後続々と登場する予定なのでBMWファンならずともチェックしておいて損はないでしょう。

まず今回ラインナップされるのは「BMWモトラッド・セレブレーション・エディション」と呼ばれる5種類のモデルで、白地に青と赤のラインをあしらったグラフィックパターンが施される他、シリアルナンバーが刻印されたプレートが取り付けられるなど、質感が向上。いずれも既存のモデルとはひと味違うスポーティな外観になっているのが特徴です。

記念モデルの内訳と台数は、R1200R(200台)、R1200GS(150台)、R1200RT(100台)、R1200RS(300台)、S1000RR(200台)の計950台。すでに正規ディーラーで予約の受付が開始され、リリリースはR1200R、R1200GS、R1200RTの3モデルが8月下旬から、R1200RSとS1000RRの2モデルが9月から行われるとのことなのでお楽しみに!

 

  • Facebook
  • Hatena Bookmark
  • LINE

ページの先頭へ

関連記事