1. GARAGEGATEトップ
  2. FASHION
  3. オンオフ使えるライダースブーツ!

FASHION

オンオフ使えるライダースブーツ!

よくオシャレは足元からといいますが、ライダーも同じ。もちろんライディングに適しているのが前提とはなりますが、皆さんは現在、バイクに乗るとき、どんなシューズを履いていますか?スニーカー、ライディングシューズ、ツーリングブーツ等、最近は以前と比べて選択肢もかなり増えていますが、今回オススメしたいのはバイクに乗るときも、普段も使えるライダースブーツ!フレキシブルに使えるブーツでこれからのバイクシーズンを過ごしてください!

 

スニーカー、ライディングシューズ、ブーツとライダーの足元を装うものは多々あるが、その中でも誰もがライダーをイメージさせるものといったらブーツであろう。最近は、機能性の高さや軽さの面からライディングシューズ派も増えてきてはいるが、キングオブライダースシューズはやはりブーツだ!ただ、ブーツを選ぶ際、普通のブーツは、普段使いするにはいいけれどライディングに適しておらず、ツーリングブーツやレーシングブーツだとライディングには適していても、普段使いをするにはライディングウェア以外のスタイルにはに合わせずらい。ライディング時と普段使い、その両方をこなしてくれるスマートなブーツがあればいいのに…。と考えているライダーもきっといるはず。ということで今回はオンオフで使えるブーツをご紹介。ライダーとして、1年365日、ほぼブーツで過ごすブーツ派の筆者が選んだオンオフで使えるブーツ、ぜひ今後のブーツ選びの参考にしてほしい!

KUSHITANI MOCCASIN BOOTS

まず最初に紹介するのは、ライダースアパレルの老舗クシタニが2014年に登場させたモカシンブーツ。スタイリッシュなデザインに細身かつロングタイプのスタイル、普段スマートに使えるだけでなく、アウターには撥水牛革と高い強度を誇るナイロンオックス素材を使用。また水の侵入を防ぎ、シューズ内の湿気をスムーズに放出してくれるアウトドライテクノロジーも採用している。ソールには、耐磨耗性とグリップ力に優れるビブラムソール、内側のファスナー仕様や脱着式チェンジパッドなど、ライダーにとって嬉しい装備も充実している。カラーはブラウンの他にブラックもあり!

kushitani2 kushitani1

KUSHITANI

MOCCASIN BOOTS

価格:¥45,360(税込)

カラー:アンイーブンブラウン

http://www.kushitani.co.jp/kushitani-web/productstouringboots.html

GAERNE FUGA

次に紹介するのは、イタリアを代表するシューズブランド、ガエルネのフーガ、こちらはブランドのカジュアルカテゴリーを代表する商品で、そのこだわりは、一枚革で仕上げられた美しいアッパーとフィット感、そしてハードな使用にも耐える堅牢な作りとグリップに優れるビブラムソールの採用。さらには、ライディング時の快適性だけでなく、バイクを降りた際の”歩く”という機能のことも考えられ、登山靴に用いられる外装、内装、ミッドソールの構成を採用し、ライダーの疲労を軽減してくれる。カラーはグリーンの他、ブラックとナットブラウンが用意されている。

gaerne2 gaerne1

GAERNE

FUGA

カラー:グリーン

価格:¥27,540(税込)

http://www.japex.net/gaerne/

HYOD PRODUCTS RIDILL D3O(R)

また次に紹介するのは、レースシーンからストリートシーンまでカバーするライダースアパレルのヒョウドウプロダクツが登場させたストリートラインのリジル・ディースリーオー。その特徴は、オリジナルトラスト(木型)を使用し、ゆったりとした足入れ感と足全体を包みこむようなフィット感、そしてストレスのない快適なウォーキングを実現したという点。ソールには、軽量かつ耐久性にも優れるビブラム社製のマルチファンクションソールを採用している。アシンメトリーなツートーンデザインもストリートで映える仕上がりとなっている。カラーはブラック/オレンジを含め5種類の展開。

hyod1
hyod2

HYOD PRODUCTS

RIDILL D3O(R)

カラー:ブラック×オレンジ

価格:¥42,120(税込)

http://www.hyod-sports.com/pro/footwear/

 

AVIREX YAMATO

そして最後に紹介するのは、アメリカ生まれのミリタリーアパレルブランドとして人気のAVIREXが展開しているライダースブーツのヤマト。細身かつスタイリッシュなデザインで普段使いもしやすく、また編上げブーツながらもサイドジッパーを採用することで脱着も楽々、そしてミッドソールにコルクを詰めることで履き込むほどに自身の足に馴染んでいくのが魅力となっている。デザイン、機能と随所にこだわりを感じさせるもコストパフォーマンスが高く、カジュアルライダースブーツとしてオススメの一足。カラーはブラック、ダークブラウン、チェリーブラウンの3色。*ネイビーは限定色

avirex1
avirex2

 

AVIREX

YAMATO

カラー:ブラック

価格:¥18,360(税込)

http://www.us-onlinestore.com/shop/avirex/index

とかくゴツく、重たいイメージのあるブーツ。確かにスニーカーやライディングシューズと比べ重量はあるものの、昔のものと比べれば、素材も製作技術も進化し、軽くはなってきている。また他の靴にはない丈夫さや質感、そして履き込むたびに自分の足に馴染んでいくという面では他の靴を上回っている。ライダーの揺るぐことのない定番ファッションとして、レザーのライダース、Tシャツ、デニムとくれば、その次にくるのはブーツ!皆さんも是非、オンオフに使える一足をゲットして、これからのバイクシーズンを満喫してください!

  • Facebook
  • Hatena Bookmark
  • LINE

ページの先頭へ

関連記事